luna de miel 【2日目①】 NY→ベネズエラへ 忍者ブログ
新婚旅行記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝7時台のフライトでNYからベネズエラの首都CARACAS(カラカス)に行くため、朝は4時半起きでした。
まだ薄暗いマンハッタンを後に、空港へ向かいます。

マイアミで一度乗り換え、カラカスに到着したのは夕方4時すぎ頃。
空港には現地のツアーガイドさんが迎えに来てくれておりました。

後からわかったのですが、この国ではほんとーーーーーーーーに英語が通じないんですね!
(ベネズエラの公用語はスペイン語です)
空港の国際線カウンターなどでは大丈夫でしたが、地方の空港や国内線カウンターではまったく通じませんでした。びっくり!
なので、スペイン語の知識がない場合、現地でツアーを申し込む場合などはくれぐれも「ガイドさんは英語話せる人で」とリクエストしておかなければ大変なことになりそう。

それと、現地通貨!
ベネズエラの通貨はBolivares(ボリバール)で、略号はBs.。
日本では両替できないため現地に行ってから両替することになります。
これも日本円からは換金できないため、USドルからの換金になります。
正規のレートだとUS1$=2.5Bs.くらいなのですが、ベネズエラでの換金はブラックマーケットのほうが強いため、ブラックマーケットだと換金率の良いところでは1$=5Bs.くらいで換金してくれます。
倍くらい違う。
これも、現地のガイドさんにいいブラックマーケット(?)を紹介してもらいました。

今夜はカラカス市内のホテルをとってあるので、空港からホテルに向かう途中。。。
(車の中から撮ったため、画質が良くなくてすみません)

DSC09964.JPG

DSC09967.JPG

↑ かわいい色のおうち~。
と思ったら、これ全部「スラム(いわゆる、貧民街です)」なんだそうです!


DSC09968.JPG

↑ 貧乏な人たちほど山の上や丘の上に住むそうです。
山が一面スラム街になっています。
日本だとお金持ちって見晴らしの良い山の手に住みたがる傾向がありませんか?
逆なんだなぁ~と思いました。

不謹慎な話かもしれないですが、夜にはこのスラム街の各戸に灯りがともり、ものすんごくきれいです。。。

DSC00337.JPG

↑ スラム街はかなり治安が悪いらしく、スラムの近くに建っているマンション(?)の窓には全て鉄格子が。。。

DSC00338.JPG

↑ こんな背の高いアパートの上の階にまで鉄格子が…
(クリックすると少しだけ画像大きくなります)
精神病棟とかではなく、普通のアパートです。

次回につづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[06/25 B子]
[06/19 plum]
[06/19 B子]
[06/16 マンゴスティン]
[06/01 B子]
[05/22 りょう]
[05/21 B子]
[05/20 はるか]
[05/18 B子]
[05/18 B子]
カテゴリー
プロフィール
HN:
B子
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード

忍者ブログ [PR]